知ってトクするモバイルライフ

「iPhoneの新OSベータ版」スマホの達人が試してみた

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
iOS 14のパブリックベータ版をインストールしたiPhone 11。ウィジェットを置くとホーム画面の見た目が大きく変わる(パブリックベータ版の画面は公開禁止されているが本稿では取材に基づく許可を得ている)
iOS 14のパブリックベータ版をインストールしたiPhone 11。ウィジェットを置くとホーム画面の見た目が大きく変わる(パブリックベータ版の画面は公開禁止されているが本稿では取材に基づく許可を得ている)

 アップルは7月10日、「iOS 14」や「iPadOS 14」のパブリックベータ版を公開した。これらのOSは秋に正式版が登場する予定だが、ベータ版を先行して配布し、不具合などの修正を重ねていく。パブリックベータ版は、開発者以外の一般利用者も登録が可能で、一足先に最新OSを試すことができる。筆者も、iOS 14のパブリックベータ版を使い、最新機能を試してみた。

 もっとも変わったのがホーム画面だ。これまでiOSは、10年以上、ホーム画面にアプリのアイコンだけが並ぶスタイルだった。iOS 14では、ここに「ウィジェット」と呼ばれるミニアプリが加わる。

 ホーム画面を長押しして、画面上に出た「+」ボタンをタップすると、ウィジェット一覧が現れる。ここから、ホーム画面に配置したいものを選ぶ。ウィジェットによってはサイズを小、中、大の三つから選択できる。大きいほど情報量は増すが、そのぶんアイコンを置くスペースは減る。

 画面のロックを解除しただけで、必要な情報をすぐにホーム画面上で見ることができるのは非常に便利だ。例えば、天気のウィジェットを配置しておけば、アプリを開く必要なく、現在地の天候や気温を知ることができる。降水確率など、さらに細かい情報を見たい時は、ウィジェットをタップして天気アプリを起動すればいい。

 同様に、ニュースウィジェットも最大四つまで最新のニュースを表示する。天気やニュースのウィジェットは、これまでのiOSでも利用できたが、ホーム画面とは別の画面にひとまとめになっていたため、確認が少し面倒だった。ホーム画面にこれらを配置できるようになったことで、最新情報が自然に目に留まるよ…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1697文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。