けいざい多面鏡

神田駅前・焼き鳥店「常連さんに支えられて今がある」

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
JR神田駅近くの通りに出された「やきとり」の看板
JR神田駅近くの通りに出された「やきとり」の看板

 サラリーマンの街、東京・神田。JRの駅近くで焼き鳥店を経営する34歳店主は、新型コロナでつらい思いをしたこの半年、お客から「大変だねえ」とかけられたねぎらい、励ましの言葉を支えにしてきたと振り返る。

 店は40席弱。コロナ前は来店客の半分が常連さんで、残る半分はネットの店紹介などできた新規の客だった。それが、今は8割が常連客だ。ありがたいと思うのは、コロナで一番苦しかった4、5月に、新たにリピーターになってくれた客が何人もいたことだ。

 緊急事態宣言が出された時期、飲食店は「午後8時閉店」を求められた。解除後もしばらくは「10時閉店」。稼ぎ時の時間帯に閉店せざるをえなかった。神田の繁華街ではそうした営業制限に、一時閉店する経営者が多かった。でも、この焼き鳥店の店主は開店を1時間早め午後4時にして営業を続けた。

 すると、開いている店を探して神田周辺の住民が何人も来店してくれた。それが緊急事態解除後も引き続き飲みにきてくれた。今は団体客はゼロ。「ネットでの宣伝や、客引きとかに頼っていた店は、本当に厳しいんじゃないかと思う」

 この間、政府や東京都から支援策を受けてきた。給付金は250万円を受け取り、あと50万円もらえることになっている。3月、4月と月々百数十万円の赤字が出た。5、6月と人件費などを切り詰め、赤字を減らしてきたが、合計300万円の給付金ではもちろん足りない。

 店の支出の3本柱は人件費、材料費、そして家賃だ。家賃は大家と交渉し、10%下げてもらったが、国と都の支援で、6カ月分は補助金が出ることになっている。3カ月分が家賃の4分の3補助、3カ月分は3分の2補助だ。ただし、国や…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1481文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から経済プレミア創刊編集長、19年6月から同編集部。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。