知ってトクするモバイルライフ

大躍進「中国スマホOPPO」が見つけた日本人のニーズ

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
KDDIが7月22日に発売したオッポの「ファインドX2プロ」。ファインドシリーズはオッポの最上位モデルの位置づけ
KDDIが7月22日に発売したオッポの「ファインドX2プロ」。ファインドシリーズはオッポの最上位モデルの位置づけ

 2018年に日本市場に参入した中国のOPPO(オッポ)が、SIMフリースマホ市場でシェアを伸ばしている。家電調査会社BCNによると、20年6月にはSIMフリーでシェア2位に浮上。同1位のファーウェイ、3位のシャープとともに、最近はこの3社がトップ3の地位を固めている。オッポ躍進の理由は、日本市場のニーズを的確に読み取ったことだ。

 19年には、日本市場の専用機「リノA」を投入。おサイフケータイ対応で、高性能の中央演算処理装置(CPU)だが、4万円を切る価格で人気を集めている。費用対効果の高いおサイフケータイ対応モデルが少ないことに目をつけたオッポが、参入当初から研究してきた成果の一つだ。6月にはカメラ機能を強化した後継機の「リノ3 A」も発売した。

 オッポジャパンの河野謙三取締役は「5Gの規格策定当初から、研究所を開設するなどして意欲的に取り組んできた」と述べるなど、SIMフリーで販売の実績を積み重ねてきたこともあり、20年夏モデルは、KDDIとソフトバンクの2社にも端末が初めて採用された。

 KDDIは、オッポの旗艦モデルの「ファインドX2プロ」を7月22日に発売。メインのカメラに1.4分の1型の大きなCMOSセンサーを採用し、暗い所での感度を向上させたほか、潜望鏡のような構造の光軸の長いレンズを備えて、デジタルズームとの掛け合わせで10倍までほぼ劣化のないズームを実現した。

 ディスプレーの書き換え速度も、通常のスマホの2倍に当たる1秒間120回で、滑らかな表示を可能にする。旗艦モデルながら、グローバルで販売する端末と仕様を合わせることでコストを下げ、税抜きでは9万円を切る価格…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1445文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。