人生に必要な「おカネの設計」

40歳シングル女性「年金額と老後生活費」を知る方法

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員でシングルのA代さん(40)は、老後に向けて資産形成をしていきたいと考え、私のところに相談に来ました。お金の人生設計をする際のポイントは、まず自分が受け取る年金額を知ることです。ただ、この自分の年金額を把握していない人が少なくありません。将来の自分の年金額をベースに老後の生活費を見通す方法をお伝えします。

 最初に年金の基本的な仕組みを見てみます。年金を受給するには、保険料納付済み期間と保険料免除期間を合算した受給資格期間が10年(120カ月)以上必要です。20歳以上60歳未満のすべての人が対象の老齢基礎年金は、年収に関係なく、加入期間1年ごとに約2万円増え、40年間(480カ月)加入すれば、満額の年78万1700円(2020年度)になります。

 会社員や公務員が加入する老齢厚生年金は、加入期間や給与、賞与の額に応じて人それぞれ異なります。基礎年金と厚生年金の額を確認できるのが、毎年誕生月に送付される「ねんきん定期便」です。通常ははがきですが、35歳、45歳、59歳の時は、それまでの全加入期間の年金記録情報が封書で届きます。

 ねんきん定期便は、50歳未満と50歳以上で内容が違います。50歳未満は、(1)これまでの保険料納付額(累計額)、(2)これまでの年金加入期間、(3)これまでの加入実績に応じた年金額――が記されています。50歳以上は、(1)(2)は同様で、(3)が現在の加入条件が60歳まで続くと仮…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1870文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。