知っておきたい住宅・不動産

猛暑を乗り切るエアコン「設置場所」で効率性は変わる

さくら事務所・個人向け不動産コンサルティング
  • 文字
  • 印刷
 
 

 全国で猛暑が続く。今年は在宅勤務や外出自粛で家で過ごす人も多く、室内での熱中症には例年以上に注意が必要になる。夏場を乗り切るために欠かせないのがエアコンだが、その設置環境によっては空調のパフォーマンスは大きく変わる。設置の際の注意点を解説しよう。

 住宅でエアコンを取り付ける位置は、マンションではあらかじめ指定されていることが多いが、一戸建ての場合は、自分で取り付け位置を決めなければならないことが多く、適切な場所を選ぶことが重要になってくる。

 取り付けの際は、まず、吹き出し口近くに障害物がないことを確認しよう。障害物があると、エアコンの風が部屋全体に行き渡らなくなることがある。

 さらに、吹き出し方向に奥行きがないと、空気の動きが悪くなり温度ムラが発生しやすい。奥行きがあれば、室内に効率よく対流を起こすことができる。長方形の部屋なら、横幅が短いほうの壁に設置するといい。やむを得ない場合は、サーキュレーターなどを使って空気を循環させるなど工夫したい。

 エアコン配管用の穴がない場合は、新たに開けることになるが、位置選びは慎重にしたい。住宅には、地震や強風など横方向から受ける力に耐える「耐力壁」があり、一戸建ての場合、外周壁の柱の間に斜めに補強木材を交差させた「筋交い」を取り付けていることが多い。

 配管用穴を不用意に開けてしまうと、筋交いを切断したり、傷付けたりして、住宅本来の耐震機能を損ねてしまう可能性がある。

 一戸建て住宅では、エアコンの設置場所の自由度は高いといっても、本来、設置位置や配管用の穴の位置や室外機の場所まで想定して設計していることがほとんどだ。重い機器を取り付けること…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1441文字)

さくら事務所

個人向け不動産コンサルティング

業界初の個人向け総合不動産コンサルティングサービス会社として1999年設立。本社は東京都渋谷区。住まいの「かかりつけのお医者さん」である住宅診断(ホームインスペクション)のパイオニアで、4万7000件超と国内トップの実績。マンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関するアドバイスなども広く提供している。