職場のストレス・マネジメント術

「あすPCR検査受けます」部下の唐突メールに上司は?

舟木彩乃・心理カウンセラー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 西村さん(仮名、40代後半男性)はマンションデベロッパーの販売部門リーダーです。現在売り出している分譲マンションは人気があり、会社が特に力を入れている物件です。販売が始まってからはモデルルームが職場になり、西村さんと数人の社員、さらに派遣会社から来た受付係や販売アシスタントら計15人のチームで働いています。

 モデルルームでの新型コロナウイルス対策は、フェースシールドの着用や、来場者の予約制など本社からの基本的な指示によるものだけでなく、スタッフ一人一人が自主的に休日の外食や外出を自粛するなど念入りに行っていました。

 西村さんは気配りのできる上司で部下から慕われ、新型コロナに関してもクラスターを発生させないという目標を掲げ、モデルルームでは結束力あるチームができていました。

 しかし、その中で社員のAさん(20代後半、男性)だけは、コロナ問題が発生する前から職場のコミュニケーションにわずらわしさを感じているようでした。西村さんが懇親会をやろうと部下を誘っても、彼だけは「強制ですか?」と言い参加を拒みました。打ち合わせのときなどでも、早く終わらせたいという態度があからさまに出ていました。

 コロナが流行してからAさんのこうした態度はますます顕著になり、彼に不満を持つスタッフも出てきました。しかし西村さんは「彼に特に悪意はなく、何か規則に違反しているわけでもないので注意するのは難しい」と考え、Aさんに不満を持つスタッフの気分をなだめていました。

 7月末のある日、Aさんから西村さんらスタッフ宛てに、「明日PCR検査を受けることになりました。結果次第では当分休むことになります」というメール…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1855文字)

舟木彩乃

心理カウンセラー

 筑波大学大学院博士課程修了(ヒューマン・ケア科学博士)。カウンセラーとして8000人以上、コンサルタントとして100社を超える企業の相談に対応。一般企業の人事部などを経て、現在メンタルシンクタンク(筑波大学発ベンチャー企業)副社長。国家資格として公認心理師、精神保健福祉士、第1種衛生管理者、キャリアコンサルタントなど保有。著書に「『首尾一貫感覚』で心を強くする」(小学館新書)。