人生に必要な「おカネの設計」

「入院で差額ベッド代」50歳女性が悩む医療保険の中身

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、会社員のA美さん(50)は今年5月に予定していた手術が9月に延期されました。急を要しない手術と判断されたそうです。その準備で病院とやりとりしている際に悩むことがあり、私のところに相談に来ました。

 A美さんは、入院に向けて病院から事前に連絡を受けた際に「現在、ベッドの空きが少ないので、差額ベッド代がかかる病室になるかもしれません」と言われました。

 入院1日につき5000円が支払われる医療保険に加入していますが、入院費用はなるべく抑えたいと考えています。私はA美さんから「差額ベッド代がかかると入院費用を保険でカバーしきれなくなります。今後、年を取ればまた入院することもあるだろうから、もっと保障の充実している保険に加入した方がいいでしょうか」と聞かれました。

 私はA美さんに、差額ベッド代と保険の保障内容について、それぞれ別の問題と捉えて、アドバイスすることにしました。

 まず、差額ベッド代についてです。差額ベッド代は、通常の病室と比べて条件のよい部屋(特別療養環境室)を利用する場合にかかりま…

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1846文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。