人生に必要な「おカネの設計」

「年金を繰り上げ受給したい」58歳会社員の理想と現実

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA郎さん(58)は、60歳で定年を迎えます。新たに挑戦したいことがあるため、定年後は仕事をせず、当面は資格取得の勉強に励む予定です。その間の生活費を賄うため年金を繰り上げ受給したいと考え、その注意点などを聞きに私のところに来ました。

 A郎さんが65歳から受け取れる年金見込み額は、現在のところ老齢基礎年金と老齢厚生年金を合わせて年約204万円です。パートの妻(54)が65歳になるまでの4年間は加給年金が年約39万円上乗せされます。

 60歳になる月に年金の繰り上げ受給を請求した場合、60カ月(5年)繰り上げることになります。現行では1カ月あたり0.5%減額されるので、全体で30%減額され、年金見込み額は年約142万8000円です。配偶者の加給年金は繰り上げられないので、A郎さんが65歳になってから上乗せされます。その後の4年は年約182万円となります。

 繰り上げ請求は、基礎年金と厚生年金を同時に減額することになり、いずれか一方を繰り上げることはできません。一方、年金の受給を遅らせる繰り下げ請求の場合は、別々に繰り下げることができます。

 注意すべき点は、いったん繰り上げ請求をすると、一生涯の減額率が決まり、取り消しや変更ができないことです。また、65歳までに障がい者になった場合でも、原則として障害年金が支給されません。国民年金に60歳まで加入しても480カ月(40年)の…

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1786文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。