産業医の現場カルテ

「まひの社員が社内を移動」人事担当の気づきと対策

佐藤乃理子・産業医・労働衛生コンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 産業医である私は先日、従業員数約500人の運送会社の人事担当者・辻さん(仮名、40代女性)から相談を受けました。同社には、脳梗塞(こうそく)を患ったもののリハビリを経て半年ほど前に職場復帰した元トラック運転手の千葉さん(仮名、50歳男性)がいます(前回参照)。千葉さんの新たな仕事とそれに伴う注意点について聞かれました。

 辻さんは、脳梗塞を患った千葉さんが職場復帰する前から、私とやりとりしながら、受け入れの準備をしていました。約半年前に復帰して以降、千葉さんは軽度のまひが残っていたものの総務や人事の事務作業を担当し、同僚として一緒に仕事をする機会が増えていました。

 今回、千葉さんに新しい仕事を任せたいといいます。もともと勤務態度がよくてトラック運転手として安全運転に努めていました。体調管理にも気を使う人で、若手の従業員から頼られる存在でした。

 辻さんは「復帰当初は不安を抱えていたようですが、慣れてくると仕事にも前向きに取り組まれています。何より若手の人たちが千葉さんを慕って運転手としての業務上の経験について聞きに来るケースが増えています」と話します。そこで、トラックの運行管理を含めて若手の相談や指導役を務めてもらうことになったとのことでした。

 辻さんは、千葉さんが新たな仕事をする場合、これまで…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1574文字)

佐藤乃理子

産業医・労働衛生コンサルタント

2002年、藤田保健衛生大学医学部卒業。泌尿器科医として病院に勤務しながら、がん治療薬の基礎研究にあたった。10年に厚生労働省健康局へ出向して臓器移植関連の政策に従事し、13年に北里大学医学部に所属し、同大学病院の医療マネジメント、経営企画に参画。15年に日本医師会認定産業医となり、複数の企業の嘱託産業医を務めてきた。20年4月に労働衛生コンサルタントを取得し、幅広く働く人の健康や職場環境の管理に関する相談を受ける。また、東京都檜原村で労働環境やライフスタイルのあり方を提案する「檜原ライフスタイルラボ」の共同代表を務める。