知ってトクするモバイルライフ

楽天モバイル「5G開始」エリア狭いが強気の三木谷CEO

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
5Gのサービスを開始した楽天モバイル。料金は据え置きで月2980円(楽天モバイル提供)
5Gのサービスを開始した楽天モバイル。料金は据え置きで月2980円(楽天モバイル提供)

 楽天モバイルは9月30日、5Gのサービスを始めた。料金は4Gの「アンリミット2.0」プランと同じ月2980円で、データ通信は使い放題だ。大手通信事業者各社が4Gより500円から1000円高い料金を設定するなか、「タダ5G」(三木谷浩史会長兼CEO=最高経営責任者)を打ち出した。音声通話も4Gと同様に「楽天リンク」アプリを経由することで無料になる。

 データ通信の下りの速度は最大毎秒870メガビット。これは他社の4Gより遅いが、11月にはソフトウエアをアップデートして、毎秒2.8ギガビットに上げていく。5Gのエリアはまだ東京都、神奈川県、埼玉県、北海道、大阪府、兵庫県の一部。2021年3月末までには「全都道府県でサービスを開始する」(山田善久社長)予定だ。

 楽天モバイルの契約者は、無料でプランを5Gに変更できる。自ら変更しない場合は、10月12日から11月30日の間に自動でプランが切り替わる。5Gプランを契約しても4Gに接続することは可能。料金も同じため、新規契約者が選択できるプランは5Gに一本化された。実際に5Gを使うには、5G対応の端末を用意しなければならないが、見かけ上の5G契約者数は急増すると見られる。

 三木谷CEOは「他社の5Gプランと比べて71%安い料金になっている」と自信をのぞかせるが、開始当初の5Gエリアは“超”限定的だ。例えば、東京では世田谷区のごく一部と板橋区の1カ所のみ。大手3社の5Gエリアも狭いが、楽天モバイルはそれを下回る。今後の21年、22年時点での基地局設置数なども明らかにしておらず、どこまで実用的になるのかは未知数だ。

 「他社も5Gは全国津々浦々で…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1407文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。