週刊エコノミスト Onlineから

ハーバードを蹴っても行く?「ミネルバ大学」とは何か

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
独自プラットフォームを利用した授業の一例。学生の画像の色で、発言量の多さが分かる(ミネルバのYouTubeチャンネルより)
独自プラットフォームを利用した授業の一例。学生の画像の色で、発言量の多さが分かる(ミネルバのYouTubeチャンネルより)

 ビジネス誌「週刊エコノミスト」(毎日新聞出版)のウェブ版記事を経済プレミアに掲載します。詳しくは「週刊エコノミストOnline」をご覧ください。

    ◇    ◇

 ミネルバ大は、2014年に設立されたミネルバ・プロジェクト社の思想理念、「世界のために重要な知恵を育む」ことを実現するために、同社とクレアモント大のケック大学院大との合弁事業として開校した。

 設立わずか4年後には、入学志望者数は2万人を上回り、MIT(マサチューセッツ工科大)を超える規模になった。合格率は約2%。ハーバード大やケンブリッジ大などの名門校の合格を辞退してまで、ミネルバ大への進学を選ぶ学生もいるほどだ。

 教師陣も、ア…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1397文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。