藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

欧州「エストニア」なぜかアジア系言語の国のバス旅

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
タリンの旧市街・トームペアを取り巻く城壁の下で踊る人たち(写真は筆者撮影)
タリンの旧市街・トームペアを取り巻く城壁の下で踊る人たち(写真は筆者撮影)

 24年ぶりに訪れたエストニアの首都タリン。以前に来た時(1992年)は死んだように静かだった町は、EU(欧州連合)各地からの観光客でにぎわう近代都市に変貌していた。浦島太郎のような気分を味わいつつ、この小さな国が成り立つゆえんを考える。

 旧市街の北端の入り口を監視していた丸い搭「太っちょマルガリータ」で、旧ソ連崩壊直後の24年前からの変わりようを実感した筆者は、美しく整備された道を南に、ホテルまで戻った。もう午後7時半で、日本から引き継いだ体内時計は夜中の1時半なのだが、もうひと踏ん張り、旧市街の西の外にあるタリン駅まで足を延ばしてみる。

 旧ソ連時代には、鉄道が遠距離移動の主要な手段だった。その名残か、タリン駅からはロシアのモスクワとサンクトペテルブルク行きの国際列車が出るが、南にある同じバルト3国のラトビアやリトアニア行きの列車は廃止されている。頭端式ホームの並ぶ構内には近代的なデザインの通勤電車が2編成止まっていたが、客の姿は少ない。

 駅前の道路には、使われなくなった市電の軌道が残っていた。真新しい市電車両が走っている区間もあるのだが、路線網は縮小しているようだ。エストニアは、国連の分類では東欧ではなく北欧に属する。だが、車社会化が進んでいるところは、市電が都市交通の主力として残っているフィンランドのヘルシンキやスウェーデンのストックホルム、デンマークのコペンハーゲンなどと違うところでもある。

 さすがに疲れてホテルに戻り、駅構内で買ったスナックを食べながらパソコン作業をして、夕食は食べずに就寝する。時差ボケなく8時間半寝て、翌朝はタクシーで、駅とは反対に市街の南東にあるバ…

この記事は有料記事です。

残り2033文字(全文2733文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。