知ってトクするモバイルライフ

グーグル5G対応スマホ「ピクセル」は中価格帯で勝負

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
中位機にして価格を抑えたピクセル5
中位機にして価格を抑えたピクセル5

 グーグルは、スマホのピクセルシリーズの最新モデルで5G対応の「ピクセル5」と「ピクセル4a(5G)」の2機種を日本で発売する。大手通信事業者では、KDDIが初めて同シリーズを採用し、ピクセル5を販売する。ソフトバンクは両モデルを採用。ピクセル4a(5G)はソフトバンクの独占販売で、店頭で大々的に宣伝している。発売は10月15日の予定。

 ピクセルシリーズは、グーグルのハードウエア、ソフトウエア、人工知能(AI)を組み合わせて、他社のスマホにはない機能を実現しているのが特徴だ。特にカメラは、映像センサーの能力を補うため、AIの力をふんだんに取り入れてきた。AIの力で暗い場所を暗視カメラのように明るく撮れる夜景モードや、被写体をAIで検知して背景を正確にぼかすポートレートモードは、同シリーズの代名詞にもなっている。

 一方で、価格は高止まりしていた。1世代前のピクセル4は発売時の価格が8万9980円から。10万円は下回っていたものの、ハードウエアの仕様は他社のスマホより劣る部分もあり割高感があった。グローバルで見ると、グーグルのスマホの販売台数はサムスン電子やファーウェイに遠く及ばず、十分な存在感を発揮できていない。こうした状況を踏まえ、グーグルは今回、旗艦モデルのピクセル5を中位機として開発した。

 ピクセル5に採用される半導体はクアルコムの「スナップドラゴン765G」で、最上位モデルに採用される「スナップドラゴン865」より一段性能は劣る。しかし、価格は7万4800円に設定(グーグルストアの場合)し、1世代前のピクセル4よりも約1万5000円安くした。ピクセル4では見送られていた超…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1410文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。