週刊エコノミスト Onlineから

がん治療でオプジーボと併用「抗体薬物複合体」に注目

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 がん細胞が免疫にかけているブレーキを解除して免疫の攻撃力を取り戻すがん治療薬「免疫チェックポイント阻害剤」が、手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)に続く「第4のがん治療」として急速に普及している。小野薬品工業が米ブリストル・マイヤーズスクイブとともに2014年に世界で初めて販売した「オプジーボ」や米メルクの「キイトルーダ」が代表的なものだ。最近では単剤での競争は一服し、特定の併用薬と組み合わせる併用療法での競争が激化している。

 というのも、免疫チェックポイント阻害剤は単剤では、効果があるのは患者の3割程度。このため、その有効性を高める併用薬の探索が焦点になっている。併用療法での開発が成…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1227文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。