週刊エコノミスト Onlineから

グラフの声を聞く「実は値下がりが大半の日本株」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 米国株が変調を来す一方で、日本株は相変わらず堅調だ。最近の円高もあって、ドル建ての日経平均株価は1990年7月以来の高値、英ポンド建てでは89年の高値を抜いて史上最高値となった。ただ、日本株といっても、それは日経平均株価に限った話で、個別株は不振が続く銘柄が大半だ。

 今年9月25日の日経平均株価終値は18年1月の週次高値とほぼ同じ水準だが、この期間の日経平均株価構成銘柄の個別騰落率は、値上がりが…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文549文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。