知ってトクするモバイルライフ

「iPhone 12はここがスゴい」スマホ達人が使ってみた

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
iPhone 12(右)とiPhone 12プロ。デザインや寸法が同じになった。画面はともに有機ELだがプロの方がやや明るい
iPhone 12(右)とiPhone 12プロ。デザインや寸法が同じになった。画面はともに有機ELだがプロの方がやや明るい

 アップルは、iPhoneで初の5G対応となる「iPhone 12」シリーズをまもなく発売する。全4機種のうち、10月23日に「iPhone 12」と「iPhone 12プロ」の2機種をまず発売。小型の「iPhone 12ミニ」と大画面でカメラを強化した「iPhone 12プロマックス」は11月13日に発売する。発売に先立ち、「iPhone 12」と「12プロ」の2機種を実際に使ってみることができた。そのリポートをお届けする。

ディスプレーは全機種有機ELに

 デザインは、iPhone X(テン)から続いてきたものを大きく変え、新鮮な外観になった。周囲を囲むフレームが直線的になり、同じアップル製品では印象はiPadプロに近い。ディスプレーの周りの縁が細くなったため、前面の姿もスタイリッシュになった。フレームが丸みを帯びたiPhone 11までは、カバーなどをつけずに持つと滑ってしまいそうになることがあったが、iPhone 12、12プロは角ばっているため、持ったときの安定感はよい。

 iPhone 11と比較すると、iPhone 12は進化した箇所が多くある。iPhone 11シリーズのディスプレーは「11」が液晶、「11プロ」が有機ELだったが、iPhone 12シリーズは全機種が有機ELになった。ディスプレーは非常に明るくなり、黒色もしっかり締まって見える。解像度も上がり、表示した映像の精細感が増している。薄型化、軽量化したため、ポケットなどに入れて持ち運びやすい。

 カメラは、iPhone 12が超広角と広角の二つ、iPhone 12プロが超広角と広角と望遠の三つを搭載する。…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1669文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。