週刊エコノミスト Onlineから

“天才バフェット氏”が日本の5大商社に投資した理由

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 伝説的な投資家、ウォーレン・バフェットはなぜ日本の5大商社に投資したのか。8月末に、バフェット率いる米複合企業バークシャー・ハサウェイが商社5社の株式各5%超を取得した理由について、この業界を10年以上にわたり観察してきた筆者は、バフェットには総合商社が持つコアコンピタンス(中核となる競争力)が魅力的に映ったのではないかと推察している。

 バークシャー・ハサウェイによる8月31日の発表文では、バフェットの言葉として、各社との「相互利益」の追求を楽しみにしている、と記載している。このことが今回の株式取得の主眼であると素直に受け止めればよいと考える。過去約60年にわたり投資の天才と言われたバフェッ…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1382文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。