週刊エコノミスト Onlineから

何をするにも稟議と根回し「総合商社」は変わるのか

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 「海外出張できず買収交渉がストップ」「折角の機会だから調査に没頭」。コロナ禍における総合商社の“日常”である。安全第一でリモートワーク(在宅勤務)を心掛けること、事業構想をじっくりと練りあげることはもちろん大切だが、産業界は動きを止めてはくれない。

 M&A(企業の合併・買収)統計を見ると、2020年4月以降の半年間で、日本企業による海外企業買収件数が約半減した一方、海外企業による日本企業の買収は、ほぼ横ばいだった。リーマン・ショック(08年)後もそうだったが、景気後退時の投資はリターンが高いことを歴史が証明している。これらが物語るのは、真のグローバル企業なら厳しい環境下でも、優良な事業機会を…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1296文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。