週刊エコノミスト Onlineから

米大統領選を注視のトルコ「金融ショック再来も」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 新興国のなかで最も米大統領選の行方を注視しているのがトルコであろう。2018年に米国との関係悪化を契機にトルコが資金流出に直面し、通貨リラ相場が暴落して国際金融市場に動揺が広がった「トルコ・ショック」は記憶に新しい。トルコ政府が米国人牧師を自宅軟禁したことで米国がトルコに制裁を科したことが引き金になった。

 このほか、16年にトルコ軍の一部勢力によるクーデター未遂事件を巡りトルコ政府が米国に亡命したイスラム教指導者の身柄引き渡しを米政府に要求するも拒否されたり、トルコがNATO(北大西洋条約機構)加盟国にもかかわらずロシア製兵器を導入し、米議会がトランプ政権に対してトルコへの制裁発動を求めるな…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1112文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。