週刊エコノミスト Onlineから

EUと中国「蜜月の終わり」首脳会談で“溝”浮き彫り

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 9月14日に開催された欧州連合(EU)と中国の首脳会談は異例の内容となった。新型コロナウイルス対策でビデオ通話形式で実施された会談には、中国からは習近平国家主席、EU側はミシェルEU大統領、ドイツのメルケル首相が出席。EU側が中国に対してこれまでにはない否定的な発言を繰り返すと、習主席は終了後の会見の参加を見送り共同声明もなく終了した。

 これまでのEUと中国首脳との会談といえば、EU側が「中国のご機嫌を損ねないよう、互恵関係の継続を確認する」といった意味合いが強く見受けられたが、今回は様相が違った。圧巻だったのは、メルケル首相の発言だ。「中国・EU間の協力体制は、互恵主義やフェアな競争などの…

この記事は有料記事です。

残り2111文字(全文2411文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。