知ってトクするモバイルライフ

UQとYモバが「20GB低料金プラン」菅首相の思惑通り?

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
上はUQモバイル、下はワイモバイルの店舗の看板
上はUQモバイル、下はワイモバイルの店舗の看板

 KDDIとソフトバンクは、サブブランドに割安なデータ容量20ギガバイト(GB)プランを導入する。KDDIは、2021年2月以降に傘下のUQモバイルの料金を改定し、「スマホプランV」を新設。ソフトバンクは、ワイモバイルに「シンプル20」を用意し、12月下旬から始める。

 2社が20GBの低料金プランを始める背景には、菅義偉首相の「携帯値下げ発言」がある。NTTの完全子会社を控えるNTTドコモは、まだ対抗策を示していないが、今後追随する可能性は高そうだ。

メインブランドより3000円以上安い

 料金は、UQモバイルが月3980円、ワイモバイルは月4480円。UQモバイルは、家族で契約した場合、さらに500円の割引がある。ワイモバイルは、他のプランには家族割引などを用意しているが、「シンプル20」は料金体系を単純化するため各種の割引をやめ、4480円の金額が変動しないようにした。

 両社とも、20GBを使い切っても、通信速度が遅い毎秒1メガビットで通信でき、動画でも画質の低いものなら見ることができる。メインブランドのKDDI(au)とソフトバンクには同様のプランはない。auは使い放題の「データMAX 4G」が2年契約で7480円、ソフトバンクは50GBの「メリハリプラン」が7480円のため、契約を切り替えれば、月に3000円以上安くなる。

 一見すると、UQモバイルの方が月500円安いが、ワイモバイルの「シンプル20」には、1回10分までの定額の音声通話料金が含まれている。UQモバイルの「スマホプランV」は、通話定額プランはオプションで、それをつけないと30秒20円の通話料金がかかる。

 …

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1390文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。