MRJが世界を飛ぶ日

三菱スペースジェット中断「このまま飛べないのか」

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
スペースジェットの最終組み立て工場。再び飛び立てるのはいつになるのか……
スペースジェットの最終組み立て工場。再び飛び立てるのはいつになるのか……

どうなるスペースジェット(1)

 日本初のジェット旅客機を目指す「三菱スペースジェット」は、開発を一時中断することになった。三菱重工業は10月30日に発表した2021~23年度の事業計画で、開発費を3年間で200億円に減額すると決めた。年間で70億円弱。過去3年間の約20分の1となる。新型コロナウイルスの影響で世界の航空業界は大打撃を受けており、市場の回復が見えるまでスペースジェットの開発は長い冬眠状態に入る。

 ただ、いずれコロナの影響が収まったとしても、航空業界が以前と同じ状態に戻るかはわからず、量産機を作る「事業化」への道のりは依然として不透明だ。

追加の人員削減は必至

 三菱重工は、航空当局から安全性の承認を得る「型式証明」の取得作業は続けるとしている。その意味では、まだ諦めたわけではない。ただ、開発を担う三菱航空機(三菱重工の子会社)は体制を極限まで縮小する。

 三菱航空機は20年度、600億円の予算で開発を行っている。この額は前年の半分で、1700人いた社員を900人程度まで削減。400人いた外国人技術者も半分以上が社を去った。主に欧米系の人材が少なくなり、元はブラジルの航空機メーカー・エンブラエルに勤めていた技術者が多く残っているという。21年度は、開発費がさらに前年の10分の1程度になるため、追加の人員削減は必至だ。

 年間70億円弱の予算では試験機を飛ばすことはできない。エンジニアたちは今後、これまで3900時間の飛行試験で集めたデータを再検証したり、型式証明取得のため航空当局に提出する書類の精査を行ったりする。

“止血”せざるをえなかった

 三菱重工は主力の火力…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文2032文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。