キャリアセンター ここだけの話!?

大学3年生の就活「早く始まり長期化する」は本当か

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷
 
 

 この時期、3年生から就活に関する相談の連絡が入ると、私たちは「企業研究? それともインターンシップ?」と聞いてしまう。ほどんどの学生はそのどちらかだが、ごく少数ではあるものの、「いえ、本選考です」と言う学生がいる。今年は新型コロナウイルスの影響があるにもかかわらず、3年生の水面下での選考は、前年にも増して早まっている感じがする。

優秀な学生は「早期選考枠」

 就活の基本スケジュールは、企業が求人票を開示して、説明会などの広報活動をしてもよいのが3年生の3月1日、実際に企業が面接を行って採用・選考活動を始めてよいのが4年生の6月1日--である。

 だが、現実はもちろんこのスケジュール通りではない。首都圏の私立大学で長年就活支援を担当している私のところには、上記のようにすでに「本選考」を受けている3年生の情報が入る。あるいは、私が直接、企業の採用担当者から収集している情報でも、早いところでは、すでに3年生に面接の呼び出しをかけ、内々定を出し始めているようだ。

 ここまで早くはなくても、企業は3年生を対象としたインターンシップは行っているので、そこで「この学生は優秀だ」と判断すれば、“早期選考…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1237文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。