週刊エコノミスト Onlineから

東証マザーズ活況の主役「EC関連株」業績の行方

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
ECが加速するアパレル業界
ECが加速するアパレル業界

 東証マザーズの活況は、インターネットなどの電子商取引(EC)関連株がその主導的な役割を果たした。コロナ下での外出・営業自粛がEC利用者の拡大やネットショップの開設増加につながるとの思惑が広がったためだ。コマースOneホールディングスやインターファクトリーといった、ネット上の店舗(ECサイト)を構築する際の土台となるシステム(ECプラットフォーム)を手掛ける企業も、相次ぎ新規株式公開(IPO)を果たした。

 ECサイト作成支援システムのBASEは、昨年末に1755円だった株価が、今年10月8日には1万7240円(取引時間中)に上昇しており、こうしたBASEの人気が他銘柄に波及したこともあり、EC…

この記事は有料記事です。

残り1612文字(全文1912文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。