週刊エコノミスト Onlineから

菅政権「デジタル化」で注目“マイナンバー関連銘柄”

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
行政窓口での混雑も過去のものに
行政窓口での混雑も過去のものに

 マイナンバー制度は、国内の全住民に12桁の番号を付与するもので、行政の効率化、国民の利便性向上、公平・公正な課税システムや社会保障サービスの構築を目的とする。マイナンバーカードを取得すれば、政府が運営するマイナポータルを通じて、インターネットで行政手続きや給付金の申請、確定申告が可能となる。今ならキャッシュレス決済でマイナポイントを獲得できる。

 マイナンバーカードは来年3月から健康保険証としての使用が可能となる予定だ。これに伴い、オンライン診療、PHR(パーソナルヘルスレコード)などの分野でビジネスチャンスが広がると予想される。

 マイナンバーカードは免許証としての使用や預金口座との連動なども…

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文1882文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。