けいざい多面鏡

創業家出身トヨタ社長が明かした“悔しさと反発心”

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
オンラインで会見する豊田章男・トヨタ自動車社長
オンラインで会見する豊田章男・トヨタ自動車社長

トヨタ自動車の中間決算会見(上)

 トヨタ自動車は11月6日、2020年9月中間決算を発表した。新型コロナウイルス感染拡大で生産、販売が世界的に減少した影響を受け、同社の営業利益は4~6月期に前年同期比98%減の139億円に落ち込んでいたが、7~9月期には5060億円と同23%減まで持ち直した。

 徹底したコスト抑制や、中国、米国で販売が持ち直したことが業績回復の主因だ。5月に発表した業績予想で、営業利益を年間5000億円としていたが、7~9月期だけでこれを達成し、今回、年間予想を1兆3000億円に引き上げた。

中間決算発表に初めて登場

 会見はオンラインで行われ、豊田章男社長(64)が登場した。同社長が中間決算会見に姿を見せるのは09年の社長就任以来初めて。「コロナ危機という有事であるということで出席した」と説明した。

 この日、報道陣らとの質疑が1時間余り行われた。そのなかで、日本生命保険の清水博社長が質問に立った。決算発表に他社のトップが出席し発言することは普通はないことだ。ところがトヨタは18年5月の決算発表から、大株主や事業パートナーにも決算説明会の案内をしている。

 最初の年はそうした出席者のなかで永野毅・東京海上ホールディングス社長(現会長)が質問に立ち、2年目の19年5月は宮田孝一…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1505文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。