週刊エコノミスト Onlineから

コロナ禍で人気高まった米国の「住宅用プール」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 プール・コーポレーションはその名の通り、米国のプール用品販売会社。創業者のフランク・ロメイン氏が1981年に始めた水泳プール用品の卸売販売「サウス・セントラル・プール・サプライ」が起源で、プールの維持管理に必要な薬品などをアウトドア用品を取り扱う小売店に卸したり、プールの建設・補修に必要な資材を工事会社やメンテナンス会社へ提供している。

 日本では「プール用品販売」と言われてもピンとこないかもしれないが、米国では郊外の裕福な一戸建て住宅にプールが付いていることが珍しくないため、関連の商品・サービスでさまざまなニーズがある。

 まず、プールを造る段階では、タイルやブロック・セメントなどの建築資材に加え、水を循環させるシステムに必要なポンプや電源設備、フィルター類が必要になる。

 また、プールを維持するためには、水質管理用の消毒剤・酸化剤などの化学薬品のほか、水質を検査する機器、清掃に使用するクリ…

この記事は有料記事です。

残り2394文字(全文2794文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。