週刊エコノミスト Onlineから

早大総長が驚いた「オンライン授業の予想外の効果」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
早稲田大学の田中愛治総長
早稲田大学の田中愛治総長

 ポストコロナ時代の大学教育はどうあるべきか。今上期、オンライン授業を全面的に導入した早稲田大学の田中愛治総長に話を聞いた。【聞き手=市川明代/白鳥達哉/稲留正英・週刊エコノミスト編集部】

田中愛治・早大総長に聞く(上)

―― 新型コロナへの対応は。

■早稲田は比較的早く対応してきた。体育会各部に春の合宿中止をお願いしたのは2月23日。2月27日には全学の「新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げ、対策本部会議を開いた。それ以降、9月末までに計30回開いたが、全て、私が出席し、議事進行も務めている。

 私が理事会で最初に言ったのは、これは危機管理であるということ。経済学でいうと「Minimizing Maximum Regret(最大の後悔を最小に止める)」。さらに、国連のSDGsの理念でもある「誰一人取り残さない(No one will be left behind.)。この二つの理念に従い、三つの使命を掲げ、すべての意思決定を行ってきた。その使命とは、第一に「学生と教職員の生命と健康を護る」、第二に「学生への教育を提供する」、第三に「どのような環境でも研究は続ける」。これらの最低限のことをやるために障害になるならば、3月25日の卒業式と4月1日の入学式は諦めましょうと。これを決めたのは2月27日で、相当に早い。

―― 講義や授業をオンラインで実施してみての感想は。

■一番の教訓は、大学は知的コミュニティを形成しているため、対面のスペースが必要で、それがないことはかなり辛いということだ。大学は、学生同士や教員と学生が語り合う場であり、また学生と接している職員もかなり多い。

 反面…

この記事は有料記事です。

残り2585文字(全文3283文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。