米国社会のリアル

「死者27万人」コロナで露呈する矛盾だらけの米国社会

樋口博子・ロス在住コラムニスト
  • 文字
  • 印刷
新型コロナの感染が再拡大する米国=カリフォルニア州パサデナで2020年12月1日、AP
新型コロナの感染が再拡大する米国=カリフォルニア州パサデナで2020年12月1日、AP

 新型コロナの爆発的な再拡大で、米国の死者数は11月末に27万人を超え、感染者は1360万人強となりました。1日当たりの新規感染者は9月時点で3万~5万人前後でしたが、11月半ばからは15万人以上の日が多くなっています。(ウェブサイト「Worldometer」)

 私が暮らすロサンゼルス郡でも夜間外出が禁止されるなど、カリフォルニア州で最も厳しい措置が再開しました。しかしそんな緊急事態の中でも、米国にはいまだ「マスク不要論」を唱える人々がいます。

 今回、私が指摘したいのは、彼らへの批判ではなく、米国社会に長く横たわってきた「政府への不信」です。

共和党支持者の政府不信

 ロサンゼルス・タイムズ紙(11月24日付)によると、カリフォルニア州では主に共和党支持者の間で、国や州の対策を信じず、コロナ被害を軽視する人が増えているとわかりました。例えば今年7月の調査では、共和党支持者の約3分の1が「自分や家族が新型コロナに感染することを心配していない」と答えていましたが、11月の調査では55%に増えています。

 また、11月の大統領選挙では、コロナ被害が大きい郡ほど、コロナ対策に積極的ではなかったトランプ氏が支持されたこともわかっています。AP通信によると、…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1900文字)

樋口博子

ロス在住コラムニスト

 兵庫県生まれ。ロンドン大修士(開発学)、東大博士(国際貢献)。専攻は「人間の安全保障」。2008年、結婚を期にロサンゼルスに移住。渡米前はシンクタンク、国際協力銀行、外務省、国際NGOで開発途上国支援に取り組んだ。米国で2019年に独立。地元コミュニティーを地域や日米でつなぐ活動をしている。カリフォルニア州議会下院議員アル・ムラツチ氏(民主党)は夫。