週刊エコノミスト Onlineから

ドイツ「緑の党」政権入り目指す“現実路線”に反発も

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
ドイツ・ブランデンブルク州に設置された風力発電施設。緑の党は再生可能エネルギーの拡充を訴える(Bloomberg)
ドイツ・ブランデンブルク州に設置された風力発電施設。緑の党は再生可能エネルギーの拡充を訴える(Bloomberg)

 ドイツの環境保護政党・緑の党は、11月20日から3日間にわたりオンライン党大会を開き、政策綱領を採択した。現在支持率が第2位の緑の党は、来年秋の連邦議会選挙(総選挙)で政権に参加すると見られているため、欧州メディアは政策綱領の内容を詳しく報じた。

 リベラルな読者に人気があるドイツの週刊新聞『ツァイト』は11月21日付電子版で、ベアボック共同党首の「2021年に新たな時代をスタートさせる。我々は奇跡を起こすことができる」という発言を引用し、同党が総選挙で権力の座に就くことを狙っていると報じた。今年11月の支持率調査によると、緑の党への支持率は20%で、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU=…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1377文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。