毎日家業×創業ラボ

「まさか家業を継ぐなんて」栄鋳造所・鈴木隆史さん

清水憲司・毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)
  • 文字
  • 印刷
栄鋳造所の鈴木隆史社長=東京都八王子市で、西夏生撮影
栄鋳造所の鈴木隆史社長=東京都八王子市で、西夏生撮影

「私の家業ストーリー」<1>

 製造業の「要」として戦後の経済成長を支えたものの、近年は安価な海外製品に押されて廃業するケースが多い鋳物業界。東京・八王子の「栄鋳造所」の4代目経営者、鈴木隆史さん(46)は、何度も襲ってくる危機を乗り越え、グローバル展開で会社を飛躍させた。最初は「不本意」で継いだ家業だったが、今では地域の若手経営者のリーダーとして後進育成にも乗り出している。「会社を継ぐことと『経営者』になることは違う」。鈴木さんが覚悟を決めた理由とは。その歩みを5回にわたって報告する。 

薄暗い工場に流れる軍歌

 「この会社に就職することは絶対ないだろうな」。幼心にずっと感じていた。働いていたのは60代を超えた職人さんばかり。薄暗い工場には時折、有線放送の軍歌が流れていた。長男だったが、社長の父敏雄さんから「継げ」と言われたことはなく、家業を継ぐなんて考えもしなかった。

 やんちゃな男の子だった。中学までサッカー部だったが、高校ではパンクロックのバンドを始め、残りの時間はアルバイトにつぎ込んだ。バーテン見習やレジャー施設のプール監視員……。「将来のことは何も考えていない風来坊。何の野望も、何の目的もない青年時代だった」と振り返る。

 高校3年の2学期が終わる頃、ホテルマンになろうと専門学校への進学希望を伝えると、担任の先生は「このままじゃ卒業できない。これから無遅刻・無欠席で、補習をしっかり受けろ」。寝坊して遅刻してしまわないよう、同じ状況だった仲間3人と深夜にファミレスに集合。…

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文2027文字)

清水憲司

毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。