人生に必要な「おカネの設計」

30代子育て夫婦「イデコ加入」で保育料が下がる仕組み

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 東京都内在住のA介さん(37)とB美さん(34)夫婦はともに会社員で、公立保育園に通う1歳の子供と3人暮らしです。A介さん夫婦は昨年12月からそれぞれ個人型確定拠出年金(イデコ)を始めました。その際、私はA介さんから「イデコを利用すると子供の保育料が安くなると耳にしました。どのような仕組みか教えてください」と相談されました。

住民税額で決まる保育料

 結論からいうと、イデコを利用することで保育料が下がるケースがあります。

 イデコを利用すると積み立てた金額分の税額控除を受けられ、所得税と住民税の額が下がります。そして、保育料については、両親(世帯)の所得から計算される住民税の所得割課税額(住民税額)を、自治体が定める階層区分に当てはめて保育料を決定するためです。階層区分が変われば、保育料は下がります。

 実際に、A介さん夫婦がイデコを利用する場合に、保育料がどうなるかをみていきましょう。

 A介さん夫婦はフルタイムで働き、子供を公立保育園に預けています。A介さんの年収は約500万円、B美さんの年収は約300万円で、世帯年収は約800万円です。世田谷区に住んでおり、A介さん夫婦の所得の場合、保育料は月5万3500円です。公立と私立を含む認可保育園の保育料は、住んでいる自治体によって異なります。実際の…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1366文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。