スルガ銀行 不正の構図

不動産会社の一室で「銀行支店幹部」が売り込んだ物件

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
民事調停を申し立てた記者会見で、井上さん(仮名=右)は不正を訴えた=東京都千代田区で2020年9月1日、今沢真撮影
民事調停を申し立てた記者会見で、井上さん(仮名=右)は不正を訴えた=東京都千代田区で2020年9月1日、今沢真撮影

不動産業者の実態(2)

 40代の会社員、井上さん(仮名)は、東京都内の不動産会社の仲介で、2014年に中古アパート1棟を購入し、15、16年にはシェアハウス3棟を立て続けに購入した。購入資金は合わせて約4億円にのぼり、スルガ銀行の新宿支店と横浜東口支店から融資を受けた。なぜすべてスルガ銀行の融資だったのか。この不動産会社の営業担当者が記者の取材に対し、銀行とつながった経緯を詳しく説明した。

 この不動産会社は、中古アパート売買に関しては、井上さんの物件を扱う前はほとんど実績がなかった。そうしたなかで、井上さんにアパートを販売したのを機に、スルガ銀行とのつながりができた。営業担当者は「アパートで融資してくれる銀行は多くなかった。そのなかでスルガ銀行は融資してくれた」と話す。

横浜東口支店のセンター長が説明に

 井上さんへのアパート販売が成約した後、銀行の横浜東口支店から、シェアハウスに関して説明をしたいと連絡があった。直後に同支店の「センター長」が不動産会社を訪れた。「センター長」は支店長のこととみられる。事務所の一室で「シェアハウスという物件があり、スルガ銀行が融資をする。皆さんで購入するお客様を探してください」との説明を受けた。

 15、16年はスルガ銀行がシェアハウス向け融資を急増させた時期にあたる。なかでも横浜東口支店はシェアハウス融資件数が全支店中トップ。全体のほぼ半数を占めていた。支店の幹部が不動産業者に足を運び、「トップセールス」をかけていたことがわかる。

 トップセールスを受けて、この不動産会社はまず井上さんにシェアハウス購入を勧誘した。他の購入者も探し、20棟から…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1466文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。