週刊エコノミスト Onlineから

「株価2万円割れは予想せず」シンクタンク20社に聞く

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
財布のひもは緩むか(Bloomberg)
財布のひもは緩むか(Bloomberg)

 足元の新型コロナウイルス再拡大で、2020年末から21年春ごろまで消費を中心に経済活動が停滞、それを財政・金融政策が下支えしつつ、ワクチン開発・普及の期待から21年後半に景気回復を見込む──。

 主要シンクタンク20社の21年経済見通しを総括するとこうなる。20年のマイナス成長からプラス成長にはなるものの、「21年は20年の大幅な落ち込みの反動で潜在成長率を明確に上回る成長となるが、急激な落ち込みの後としては回復ペースは鈍い」(ニッセイ…

この記事は有料記事です。

残り3044文字(全文3264文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。