週刊エコノミスト Onlineから

バイデン勝利なのに「勝者なき選挙!?」米国政治の行方

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
今後2年間の米国はどこへ? Bloomberg
今後2年間の米国はどこへ? Bloomberg

 大統領選挙が終わって1カ月がたった。選挙前、世論調査の結果はバイデン候補がトランプ大統領を大きく引き離していたし、筆者が話を聞いた当地の専門家の中でも、トランプ大統領の再選を予想していた人は数えるほどしかいなかった。バイデン候補が地滑り的勝利を収めることに加えて、共和党が多数党となっている議会上院を民主党が奪還し、2018年の中間選挙で民主党が多数党を奪還した下院については同党がその差をさらに広げるだろうという、「ブルーウエーブ」や「トリプル・ブルー」の到来を予想する声が大勢を占めていた。

議会選、共和の実質勝利

 ところが「ブルーウエーブ」はやってこなかった。上院は来年1月の決選投票にもつれ込んだジョージア州の2議席が確定していないが、共和党が50議席を確保した。未確定の2議席を民主党が取って同じく50議席となれば、上院議長となるハリス副大統領を擁する民主党が事実上の多数党となるが、そ…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1304文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。