週刊エコノミスト Onlineから

「政権発足21年」プーチン時代に“たそがれ”の雰囲気

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
ロシアは孤立を深めている(赤の広場)(Bloomberg)
ロシアは孤立を深めている(赤の広場)(Bloomberg)

 2021年のロシアは、コロナ禍や経済停滞で閉塞(へいそく)感が一段と強まりそうだ。

 愛国主義を掲げるプーチン政権は対外膨張路線を続けるが、経済の柱である資源価格の低迷が財政を直撃し、20年から国防予算も削減となった。政権発足21年になるプーチン時代に「黄昏(たそがれ)」の雰囲気が漂う。

50兆円投資を30年に延期

 11月以降、新型コロナウイルスの第3波がロシアを襲い、感染者は1日2万5000人に上る(12月初旬時点)。春の第1波はモスクワが中心で、エリート層の感染が多かったが、現在は全土に広がった。多くの地方で医療崩壊が進み、医療関係者の感染死や自殺が社会問題となっている。

 7〜9月期の成…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2201文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。