週刊エコノミスト Onlineから

米国への留学生14年ぶり減少「中国トップで日本8位」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
大学も衛生管理などで財政が厳しい Bloomberg
大学も衛生管理などで財政が厳しい Bloomberg

 トランプ政権下、米国は排外的政策を採ってきたが、依然として、世界中の大学生の間で最も人気の留学先となっている。

 毎年11月初旬に国務省の国際教育研究所が前年秋開始学年度の留学生データを発表している。それによると、米国への留学生は2019年度、総勢約107万人だった。留学生の数は03~05年度に同時多発テロの影響で落ち込んだが、その時以来14年ぶりに前年度を下回った。

 下落の主な理由は、高額な学費、政策変更、外国人への偏見からくる治安悪化などと考えられている。学費高騰の影響は深刻で、米国の大学生の数自体が8年連続で減少している。そのため、全体の約5・5%を占めている留学生の存在は大学にとって極…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1317文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。