週刊エコノミスト Onlineから

バイデン政権と連動する「グリーン外交」菅首相の狙い

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
温室効果ガス排出の「2050年実質ゼロ」に向け2兆円の基金創設を表明した菅首相(首相官邸で12月4日、代表撮影)
温室効果ガス排出の「2050年実質ゼロ」に向け2兆円の基金創設を表明した菅首相(首相官邸で12月4日、代表撮影)

 在日米軍の駐留経費を日本側が一部負担する「思いやり予算」。5年ごとに新たな額を決め、来年3月に現行の期限が切れるが、日米両政府は年内の合意を見送った。

 大幅負担増を求めるトランプ政権との交渉を打ち切り、同盟関係の再構築を掲げるバイデン次期政権と交渉した方が円滑に進むという読みがあるのだろう。

 なにしろ、トランプ氏は今の4倍以上の80億ドル(約8320億円)を負担しろとふっかけ、応じなければ在日米軍を撤収させると脅せ、と交渉者に言う始末だ。

 交渉は外務、防衛当局の実務者が専門的な見地から積み上げ、最後は政治判断で決めてきた。「値切り交渉にしたくない」と交渉者たちが考えるのはもっともだ。

 無理難…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2056文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。