週刊エコノミスト Onlineから

「学費ローンの負担を解消」バイデン氏の減免案に賛否

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
大学の卒業生は大きな負債を背負わされている(Bloomberg)
大学の卒業生は大きな負債を背負わされている(Bloomberg)

 米国のバイデン新大統領が、4500万人にのぼる米社会人の間で総額1兆6000億ドル(約165兆円)という重い負担となっている学生ローン負債を、1人1万ドル(約103万円)を上限に減免すると表明し、賛否が分かれている。

 ブルームバーグのコラムニストであるジョー・ノセラ氏は12月16日付の解説で、「1965年に米議会が、当時のジョンソン大統領が平等実現や貧困撲滅を目的として掲げた『偉大な社会政策』に基づいて高等教育法を可決した際、経済的に恵まれない家庭の子女が連邦政府から進学ローンを借りることが容易になった。一方で、歴代議会の法改正により、やむを得ぬ事情で支払い困難となっても、破産によって負債を…

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1365文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。