週刊エコノミスト Onlineから

コロナ禍の株高「個人投資家」を引き寄せる三つの要因

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
コロナ禍で20年3月に世界の株式市場は急落したが……(Bloomberg)
コロナ禍で20年3月に世界の株式市場は急落したが……(Bloomberg)

 コロナ禍において個人の資産選択に変化が出ている。日本銀行の統計で確認すると、2020年1〜9月に個人資金の純流入額が目立ったのは、現金・預金と上場株式だった。コロナ感染拡大の影響を警戒しつつも、現金・預金で流動性を確保する一方で、相場変動に機敏に反応した人が少なくなかったと考えられる。

 個人による株式の売買状況を見ると、20年は3月から売買が増加し、足元でも活発だ(図1)。売買代金の週間平均額は、19年の4兆円から20年には5・5兆円へ増加した。売買代金で見る個人の市場シェアも、19年の20%から20年4月以降は25%前後で推移し、15年以来5年ぶりの高さとなっている。総じて、個人投資家の存在感は高まっている。

 個人の中でも、コロナ禍の下で特に活発に売買を行ったのは、信用取引の増加から推測すると、投資経験を積んだ既存の個人投資家とみられる。個人の売買代金は、20年4~9月の半年間では、そ…

この記事は有料記事です。

残り1711文字(全文2111文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。