週刊エコノミスト Onlineから

日銀が3月に発表する「金融政策見直し」のヒント

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 日本銀行は昨年12月の金融政策決定会合(MPM)で、新型コロナウイルスの資金繰り支援特別プログラムの期限延長を決めるとともに、金融政策運営の見直しを検討すると発表した。結果は3月に発表される。

 10月のMPMの「金融政策決定会合における主な意見」にヒントがある。まず上場投資信託(ETF)の買い入れだ(図1)。「真に必要なタイミングで買い入れが困難にならないように政策の持続力を高める工夫の余地を探るべき」との意見が出ていた。現行の声明文では「年間約12兆円に相当する残高増加ペースを上限に、積極的な買い入れを行う」としているが、株価上昇時には買わなくてすむよう、柔軟にする可能性が高い。

 また、別…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1073文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。