毎日家業×創業ラボ

「社長イコール経営者じゃない」鈴木隆史さん

清水憲司・毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)
  • 文字
  • 印刷
「発ジャパン」について語る(右から)中本裕司さん、鈴木隆史さん、岩澤旭さん=東京都八王子市で、西夏生撮影
「発ジャパン」について語る(右から)中本裕司さん、鈴木隆史さん、岩澤旭さん=東京都八王子市で、西夏生撮影

 何度も襲ってくる危機を乗り越え、韓国、米国へと海外展開に乗り出した栄鋳造所。社長の鈴木隆史さんが30代前半の頃、地元の後継者育成塾「はちおうじ未来塾」で、覚悟の決まらない年下の経営者と話すようになってから感じてきたのは「誰でも社長にはなれる。しかし、社長になることと経営者になるということは全く違う」ということだった。

私の家業ストーリー<5>

 いつ会社を継ぐのが良いのか。先代の経営方針をうまく受け継ぐにはどうしたら良いのか……。本当に大事なのは、そんなテクニックじゃない。自分で自分の道を切り開くことだ。

 東京・八王子を発信地に、そんな思いを持った経営者集団を作りたくて、未来塾の卒塾生を集めた「八王子・フューチャー・アソシエーション」(HFA)を立ち上げた。

 最初はメンバーの会社を互いに訪問する交流会がメインだったが、東日本大震災があった2011年、全町避難になった福島県浪江町の商工会青年部と連携。ご当地グルメを競うB1グランプリで「なみえ焼きそば」を優勝させることを目標に、HFAメンバーたちは毎週末、各地で行われる復興イベントに出かけて焼きそばを作った。大会では4位だったが、過去最高の順位。次第に結束が強くなっていった。

「仲間と一緒に」浪江からフィリピンへ

 米国シリコンバレーの現実を目の当たりにし、社内のグローバル意識を高めるために外国人雇用にも踏み出した栄鋳造所は、フィリピンで人材を育成し、日本に呼び込もうと現地に拠点を設けた。これをHFAの活動につなげられないか。発案…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1724文字)

清水憲司

毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。