週刊エコノミスト Onlineから

ロボット・工作機械の注目銘柄は?景気敏感株を追う

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
(Bloomberg)
(Bloomberg)

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、「景気敏感」の代表的指標である工作機械受注総額は2020年5月に512億円を付けたが、同月を底として上昇に転じた。同11月には886億円(確報値)と、18年9月以来、2年2カ月ぶりに前年同月比プラスに転じた。

 回復のけん引役は中国、特にエレクトロニクスだ。底を付けた5月と、前年同月比プラスだった11月を比較した回復額は374億円だが、その内訳は、内需88億円増、外需285億円増だった。さらに外需の内訳をみると、中国(97億円増)、米国(73億円増)の寄与が大きい。その中国について業種別で見ると、電気・精密(49億円増)、自動車(32億円増)、一般機械(24億円増)が寄与しているのだ。

 ところで、日本株は「世界の景気敏感株」と評されることが多い。それは、輸出のうち輸送用機器(約24%)、一般機械(同20%)、電気機器(同17%)の3分野で全体の6割強を占…

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2436文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。