週刊エコノミスト Onlineから

「円高で日本株下落」の相関関係が崩れた理由

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
100円超えの円安には戻らなくなるかも(Bloomberg)
100円超えの円安には戻らなくなるかも(Bloomberg)

 2020年のドル・円相場は年初、1ドル=108円台から始まり、103円台前半で1年を終えた。1年間で5%程度の円高・ドル安となった。一方、日経平均株価は1990年以来、30年ぶりの高値を更新し、1年を通じると16%も上昇した。

5年間で4回の円高・株高

 年間騰落率で見て、ドル・円相場がドル安・円高となる一方、日経平均が上昇するパターンは、16年以降の5年間で、4回目だ。この結果、16年以降の5年間でドル・円相場は、120円から103円まで14%下落(ドル安・円高)しているが、日経平均は44%上昇している。

 つまり、一般的に言われるような「円高=日本株下落」という構図は、過去5年間で見ると、ほぼ崩れている。円高でも日本の株価が上昇している背景について、JPモルガン株式調査部は日本企業の業績がドル・円相場との相関を弱めている点を指摘している。

 例えば、個別企業の対TOPIX(東証株価指数)…

この記事は有料記事です。

残り3348文字(全文3746文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。