毎日家業×創業ラボ

「遠く」にいた後継ぎが会社を革新する・入山教授

入山章栄・早稲田大大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
  • 文字
  • 印刷
入山章栄・早大大学院教授=東京都新宿区で、西夏生撮影
入山章栄・早大大学院教授=東京都新宿区で、西夏生撮影

 入山章栄・早稲田大大学院教授の連載「未来を拓(ひら)く経営理論」は、世界の経営学の知見をビジネスパーソンが実践できる形で分かりやすく紹介していきます。家業の引き継ぎには、いくつかの成功パターンがあります。キーワードは「近くでなく遠く」。入山さんが解き明かします。

未来を拓く経営理論

 前回、企業がイノベーションを続けていくには、目の前ではなく、遠くにある知を探し出す「探索」が重要だとお話ししました。企業が事業を一新して、生まれ変わる第二創業の成功例には、ある共通点があります。それは「後継ぎが遠くからやってくる」というパターン。それ自体が、知の探索になるからです。

 星野リゾートの星野佳路さんらを代表例としてあげることができますが、いま日本で変革を起こしている家業経営(ファミリービジネス)は、先代と同じことを繰り返している会社ではありません。

 その会社が連綿と持ち続けてきた技術やブランド、地元のお客様との付き合いがあるところに、遠いところに行っていた後継ぎが戻ってくる。成功例には、そういうパターンが多いのです。

 例えば、留学していた、東京のベンチャーやコンサルタントで働いていた。そういうところから、後継ぎが何年かして戻ってくると、その間に遠くの知に触れ、いろいろな経験を持ち帰ることになる。そして「この技術は今のままでは、じり貧だけど、こういうふうに使えるんじゃないか」といった発想が出てくる。こうして知と知の組み合わせができ、「伝統から革新が生まれる」ということが起こるのです。

「…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1358文字)

入山章栄

早稲田大大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授

 1972年生まれ。慶応大学経済学部卒業。米ピッツバーグ大経営大学院から博士号を取得。2013年に早稲田大大学院准教授。19年から現職。世界の経営学の知見を企業経営者やビジネスパーソンが実践できる形でわかりやすく紹介している。主な著書に「世界標準の経営理論」(ダイヤモンド社)など。