知ってトクするモバイルライフ

サムスン新スマホ「価格下がっても」動画撮影は多彩

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
デザインを刷新してカメラ機能を強化した「ギャラクシーS21シリーズ」。左から「S21ウルトラ」「S21+」「S21」
デザインを刷新してカメラ機能を強化した「ギャラクシーS21シリーズ」。左から「S21ウルトラ」「S21+」「S21」

 サムスン電子は1月15日、スマートフォン「ギャラクシーシリーズ」の新3機種を発表した。「ギャラクシーS21」「S21+(プラス)」「S21ウルトラ」で、いずれも最上位の旗艦モデルの位置づけだ。デザインを一新し、カメラやAI(人工知能)の処理能力を強化。これまで同様、日本でも大手通信事業者を通じて販売すると見られる。

1億800万画素のメインカメラ

 最上位モデルの「ギャラクシーS21ウルトラ」は、1億800万画素のメインカメラ、超広角カメラ、3倍と10倍の二つの望遠カメラの計四つのカメラを備える。

 メインカメラは、一般的なスマホのカメラより画素数がかなり大きい。九つの画素を一つに結合して光を取り込むことができ、暗い場所でも明るく撮れる。高倍率の望遠カメラは先代の「ギャラクシーS20ウルトラ」にも搭載されていたが、S21ウルトラでは、3倍、10倍と2段階にすることで画質を向上させた。

 新たに、タッチペンの「Sペン」に対応したのもギャラクシーS21ウルトラの特徴だ。Sペンは、一回り大きな「ギャラクシーノート」シリーズにしか搭載されていなかった機能。ペンによる入力システムで定評がある日本のワコム社の技術を採用し、滑らかな書き味を実現した。

 ギャラクシーS21ウルトラでは、写真、動画の編集や補正にSペンを使うことができ、指でタッチして操作するより、細かな操作ができることを売りにする。ただ、Sペンはギャラクシーノートのように本体には収納できず、ケースなどに入れて別に持ち歩く形になる。

カメラ部分のデザインを差別化

 「S21ウルトラ」ほどではないが、「S21」「S21+」もカメラを強化…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文1366文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。