週刊エコノミスト Onlineから

欧州メディアが伝えた「米議会乱入事件」への深い懸念

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
米議会乱入事件は世界に衝撃を与えた(Bloomberg)
米議会乱入事件は世界に衝撃を与えた(Bloomberg)

 トランプ米大統領の支持者ら数千人が1月6日にワシントンの議会議事堂に乱入し、5人の死者が出た事件について、欧州のメディアでは改めて「米国の民主主義の危機」を強調する論調が目立った。

 ドイツの週刊誌『シュピーゲル』は1月7日付電子版で、「シュタインマイヤー大統領は『議事堂という民主主義の心臓部を攻撃した暴徒たちは、現職の大統領によって扇動された。この事件は、大統領がうそと憎しみを繰り返しばらまいた結果だ』と述べ、トランプ大統領が乱入事件に直接の責任があるという見方を打ち出した」と報じた。

 シュタインマイヤー大統領は「権力のスムーズな移譲は民主主義の基本だが、トランプ大統領はバイデン候補の勝利を…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1379文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。