メディア万華鏡

このままでよい?「小室さんと母」へのバッシング報道

山田道子・元サンデー毎日編集長
  • 文字
  • 印刷
婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さま(右)と小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日(代表撮影)
婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さま(右)と小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日(代表撮影)

 年を越して節分を迎えるが、とどまる気配はない。コロナもさることながら、秋篠宮家の長女眞子さまが結婚を目指す小室圭さんと母佳代さんに対する週刊誌のバッシング報道だ。例えば、女性自身2月2日号「小室圭さん 緊急事態宣言でほくそ笑む『国民への釈明は無期延期』」とか。

 結婚問題をめぐり、女性週刊誌や総合週刊誌は事態を動かす主要なプレーヤーになっている。振り返れば、二人の結婚歓迎ムードを一転させたのは、2017年末に週刊女性が報じた佳代さんと婚約者の借金問題だった。翌18年2月、宮内庁が結婚延期を発表する。

 不幸は蜜の味。以降、この問題は週刊誌ネタとなる。そこに、小室さんが皇室に連なるのは好ましくないと考える人々が、週刊誌に情報を流したり、コメントしたりして結婚を阻止しようとしてきたように見える。

「結婚を認める」と発言したが

 その結果、「結婚は無理」という雰囲気が醸成されたかにみえた20年11月、眞子さまが「結婚は必要な選択」と宣言。続いて、秋篠宮さまが55歳の誕生日に先立つ記者会見で、結婚は両性の合意のみに基づくとする憲法24条を引き合いに出し「結婚を認めるということだ」と述べた。

 週刊誌報道は「小室圭さんと母ほくそ笑む『2億円結婚』」(女性セブン12月3日号)、「未公開『お誕生日会見』で激震! 『秋篠宮さま』ついに完敗で『眞子の結婚を認めます』」(週刊新潮12月3日号)と、小室さん側に軍配をあげた格好となった。

いじめ疑惑報道

 そんな流れを変えたのが、週刊文春「衝撃告白 小室圭さんのイジメで私は高校中退 ひきこもりになった」(2020年12月31日・2021年1月7日合併号)と続報の…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文1190文字)

山田道子

元サンデー毎日編集長

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞社入社。社会部、政治部、川崎支局長などを経て、2008年に総合週刊誌では日本で最も歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長、紙面審査委員。19年9月退社。