産業医の現場カルテ

発熱の従業員「コロナ未検査で回復」出勤再開の目安は

佐藤乃理子・産業医・労働衛生コンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

企業のコロナ対策(1)

 産業医である私は先日、従業員数約300人の精密機器販売会社の総務課長、三井さん(仮名、50歳女性)から「発熱やせきがあるものの新型コロナウイルスの検査を受けていない従業員への対応方法を教えてください」と相談を受けました。

職場復帰の目安は……

 現在、緊急事態宣言が発令されている地域では、在宅勤務が推奨されています。それ以外の地域でも、在宅勤務をすることが望ましいですが、職場に行かなければできない仕事もたくさんあります。

 新型コロナの感染拡大が始まってから、従業員に発熱や風邪などの症状を日ごろから確認するよう徹底している企業が多くあります。少しでも体調がよくない場合は出社しないよう指導するのが大原則です。その上で、症状が続く場合はかかりつけ医や自治体の相談窓口に連絡し、新型コロナの検査を受けるよう促します。

 日本産業衛生学会などは「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド(第4版)」(2020年12月15日作成)で「新型コロナの検査を受けていない者の職場復帰の目安」を示しています。それによると、発症後に少なくとも8日が経過▽解熱剤を使わず解熱後に少なくとも72時間が経過し、せきや倦怠感(けんたいかん)、呼吸苦など発熱以外の症状が改善傾向――の二つの条件をいずれ…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1434文字)

佐藤乃理子

産業医・労働衛生コンサルタント

2002年、藤田保健衛生大学医学部卒業。泌尿器科医として病院に勤務しながら、がん治療薬の基礎研究にあたった。10年に厚生労働省健康局へ出向して臓器移植関連の政策に従事し、13年に北里大学医学部に所属し、同大学病院の医療マネジメント、経営企画に参画。15年に日本医師会認定産業医となり、複数の企業の嘱託産業医を務めてきた。20年4月に労働衛生コンサルタントを取得し、幅広く働く人の健康や職場環境の管理に関する相談を受ける。また、東京都檜原村で労働環境やライフスタイルのあり方を提案する「檜原ライフスタイルラボ」の共同代表を務める。