キャリアセンター ここだけの話!?

コロナ禍の就活「3月1日解禁」3年生は今何している

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷
 
 

 3月1日が近づいてきた。この日は、政府が指導する就活ルールの「2022年春卒業予定者(現3年生)に対して企業が採用・選考の広報活動を始めてよい日」である。就職情報サイトが3年生向けの企業の求人情報を一斉に掲載する“グランドオープン”の日でもある。

 「号砲一発。よーいドン!」というわけだが、実際に企業と学生がこのルールを守っているわけではないことは、このコラムで何度も取り上げてきたとおりである。

企業説明会はオンラインで

 すでに昨年の夏から「インターンシップ」あるいは「1日仕事体験」という名の“新入社員募集”は始まっている。優秀な人材がいれば、企業は「早期選考」の流れに招き入れる。すでに内々定を出している企業も珍しくない。最近、インターネット上で見た記事には「一部企業では1~2年生にも接触する動きが見られ、大学4年間ずっと就活時代」という内容のものもあった。

 思わずため息が漏れるが、これが現実である。私が勤務している大学の就職支援部門で見聞きすることも、この内容にほぼ近い。就活はタテマエとホンネがあまりにも違う世界である。

 以前は、政府が指導するルールを守り、学内で行う合同企業説明会…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文1086文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。